融資付賃貸用住宅物件とは??

効率の良い不動産投資を考えた場合、融資付の賃貸用物件の購入は一考の余地があります。その融資ですが、不動産業者のほうで特定の金融機関と提携ローン契約を締結し、そのローンを利用できる場合がかなりあります。提携ローンが他の一般ローンより優れているのが、融資審査が簡略化されていて、審査にかかる時間が短いということです。特に不動産投資の意思決定において、ローンを利用した投資を行う場合に融資がおりるのかどうかをなるべく早く把握できることは大きなメリットです。また、提携ローンは手続きが業者経由で行われ、簡単なところもメリットと言えます。すでにその業者と金融機関との間で決まったフローがありますので、一般ローンとは大きく異なるからです。さらに提携ローンの場合、その多くがその業者の顧客向け特別優遇金利が適用され、一般ローンの金利面で優遇されている場合があります。

ただし、気を付けたいのが、全ての融資付賃貸用住宅物件が、そのような提携ローンを利用しないと物件購入ができないという訳ではないという点です。ですから業者の条件をよく確認してみる必要があります。自分の利用している金融機関の融資条件のほうが有利であれば、そちらでローンを組んだほうがいいでしょう。このような提携ローンを利用しない場合でも、その不動産業者が少なくとも一定の信用力を金融機関から得ていると考えられるので、業者の良し悪しを判断する材料にはなるでしょう。

次に融資を受けて物件を購入する場合に最も注意しなければいけないのが、完済するまでの資金計画をしっかりと立てることです。いわゆる頭金と呼ばれる資金をある程度まで用意することが重要になってきますし、投資に必要な金額を目一杯借りて購入費用に当てた場合、後々掛かってくる可能性のある修繕費用や保険費用、不測の事態に掛かる費用などに対して全く対応できなくなります。また、長期間において空室リスクを負った場合、その間も当然のことながらローンの支払いは続きますから、常に手元に余剰資金が必要になってきます。最悪の場合、資金繰りに窮して破産という事態にもなりかねないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>