借地権付物件の購入前に

不動産投資とは文字通り不動産に投資をして収益を得ることです。ただ不動産には建物と土地が有って、この二つは分けて考える必要があります。例えばマンションを購入する投資の場合は、区分マンションの部屋を購入する場合とマンションの建物一棟を購入する場合があります。部屋だけの場合は土地の費用が必要無いですけど、マンション一棟を購入する場合は建物の費用だけでなく土地の費用も必要になってきます。

だからマンション一棟を購入しての投資は費用がそれなりに必要になるので、実際やる人達は土地を予め持っている人達がほとんどです。しかしマンション一棟に投資をする場合に土地を購入しないで済む方法があります。

それは借地権付き物件のマンション一棟を購入する方法です。借地権付物件なら土地を買う必要が無く土地を借りる仕組みですから、地代を払うだけでマンション一棟を所有できます。

同じようにアパートの場合でも借地権付物件なら普通のアパート購入よりも土地の費用分を安く買うことが出来ます。ただここで問題なのが、借地権付物件は土地を所有するのではなく借りるのですから、いずれ土地を返さなければならないということです。

当然借地権には期限がありますから、その期限が過ぎたら返さなければならないです。だから借地権付物件を購入する場合は、まず借地権の条件を確認してから購入しなければならないです。借地権ですが、旧借地権と普通借地権と定期借地権が有って、旧借地権は地主側によほどの理由が無い限り契約は更新されますから、あまり問題は無いです。普通借地権も最初が期間30年で二回目が20年、それ以降は10年ですが、旧借地権と同じように地主側によほどの理由が無い限り契約は更新されます。

ただ定期借地権は契約満了時には土地を更地にして返さなければならないです。つまり建物を解体する必要があって、その分の費用も考えて借地権付物件を購入しないと、収益だけ考えて不動産投資をしていると失敗することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>