住宅ローンが払えない!任意売却の話

pinbuta

世の中には困っている時に何らかの救済手段があります。日本の現代社会において、衣食住の中で食べ物に困っているような人はほとんどいません。また、着るものについて深刻に悩んでいる人も少ないのです。ですが、住宅に関する悩みは後を絶ちません。住宅の悩みはお金に関するものがほとんどです。その中にマンション売却についての悩みがある人が多いことは事実です。

マンションを購入する時にさかのぼると、購入時は意外と気分がハイになっていることが多く、多くの人はそこで少し頑張った金額のマンションを買おうとします。住宅ローンが払えるかどうかのぎりぎりの金額のマンションを購入するのです。毎月のローンの目安として、今住んでいる賃貸住宅の毎月の家賃と同じぐらいであれば払い続けることができるだろうと考えている人も少なくありません。賃貸住宅の家賃は一度も貯めたことはないのでこれから先家賃と同じ額の住宅ローンを滞ることはないだろうと考えるわけです。ですが、現実的にはマンションは予想以上に負担額が大きくなります。修繕費積立金や管理費、固定資産税があるからです。これらを支払うと家賃よりも4,5万円高くなってしまいます。数年もすると資金繰りに困り、とうとうマンション売却をしなければならなくなるところまで追い込まれる人も多いのです。

ローンを数か月も滞納すると強制的に差し押さえられ、競売という形で自己所有のマンションは手放さないといけません。競売は強制ですので抵抗がある人も多いはずです。ですが、競売前であれば、マンション売却を自分の意思ですることができます。それが任意売却です。任意売却は売主と買主、そして仲介する不動産会社の合意ですることができます。少なくとも競売をするよりは高いお金で買い取ってもらうことができるというメリットがあります(もちろん必ず高くなるとは限りません)。
任意売却で高く買い取ってもらうと売主のローンも返しやすくなりますし、貸主も貸し金を全額返済してもらうことが可能になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>