中古マンションを売却する時期の解説

dentaku2

マンションは一戸建て住宅と比べても中古として購入される可能性が高いので、いずれ売却を考えている人の場合には戸建て住宅よりも条件が良いでしょう。
特に転勤が多い職種の人がマイホームを持ちたいと考えている場合には、転勤辞令が出た後に比較的すぐに売却することができるでしょう。

マンション売却の良い時期としては、引っ越しなどが行われることが多い、年明けから年度末にかけてが、多くの中古マンション取引が行われており、有利となります。

マンション売却が良い時期であれば、多少強気な価格で売り出しても売買が成立する可能性も高くなるでしょう。
時期的な問題といえば、エリアごとに新築マンションの供給状況などを考慮することも必要となるでしょう。

新築マンションが供給されていない場合には、そのエリアで物件を検討している人は中古マンションでよい物件を探すことになるので、マンション売却の際には検討してもらうことができる可能性が高くなるでしょう。

マンション売却の際には、世の中の経済状況の影響も関係してくることがあり、あまり景気が良くないときなどもマンション相場が落ちている時期ということになるので、売却する時期としては不利だということができます。
マンションの人気が高いエリアの場合、土地価格が及ぼす影響が大きくなるので、多少築年数が経過している物件であっても高値で売買されることがあるので、地価が高くなっていう時期もねらい目だということができるでしょう。

マンションは非常に高額な取引となるので、適切な時期に売却することができれば、損をしないで済みますが、良い時期を逃してしまうとローンの残債が残ってしまうことにもなるので、売却の際には慎重に時期の検討をすることが大切であり、必要に応じて不動産のプロなどに相談をしながら売却を進めていったほうが良いでしょう。
業者によっては、親切に相談に乗ってくれることも多いので、気軽に相談してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>