不動産一括査定サイト利用時の注意事項

マンション売却では、通常、不動産業者に委託をして売却先を探す方法と、不動産業者自らが購入をする方法によって行われますが、できるだけ高く売却を行いたい場合には委託をして行う方法が用いられています。
マンション売却の委託をする場合には、不動産業者と一般媒介契約か選任媒介契約、また、専属選任媒介契約を結ぶことで進められることになりますが、この場合、不動産業者から提示される金額が妥当な金額なのかどうか、また、どの程度の金額を希望価格として伝えたらよいのか迷ってしまうことがあります。

マンション売却で、どの位の金額なのかの相場を知る方法の1つに不動産一括査定サイトの活用があります。現在では様々なサイトがあり、専用のフォームに条件を記入することで、簡単に売却の相場を知ることができるようになっています。ここでは、一括査定サイトが窓口となることで、多くの不動産業者からの情報を得ることができ、また、これまでのように不動産業者に出向くこともなく行うことができるために、非常に利便性の高いシステムになっています。

反面、活用をする場合には留意点もあり、内容に関してはよく把握をした上で申込をすることが必要になります。

まず、売却も含めて不動産の取引には宅建免許が必要となりますが、ここでは、国交省と各都道府県知事による許可の2つがあり、査定サイトが許認可を得ている業者に依頼をしているのかどうかが分からない点があります。実際、条件が合った不動産業者が見つかった場合にも許認可を保有していないなどではトラブルの原因にもなるために、十分な注意が必要になります。また、ここでの査定金額は、あくまでも売却価格と同じになる保証がないために、実際に売却委託をした場合などでは、売却価格と差が生じてしまうこともあります。このような場合には、具体的な話に進んでしまった場合にはキャンセルをするにもしにくくなる面があり、依頼をする場合には提示価格だけでなく、業者に関しての情報も事前に入手をしておくことが大切なことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>