マンション売却価格の正しい決め方

syoruigurahu

自己所有のマンションを売却する場合にそうやってその価格を決めてらいいでしょうか。住宅ローンが残っているのでそれを返し終わればいいというのであれば住宅ローンの額以上の設定をすればいいだけです。よほどローンが残っていなければはっきり言って金額にこだわらなくてもいいぐらいです。ですが、物には必ず適正価格があります。

その適正価格がどれくらいなのかは専門家に聞いてみるのが一番です。例えばマンション売却の専門家である不動産会社に聞いてみてもいいのではないでしょうか。ただ、不動産会社もいろいろな会社があり、査定を頼んでも幅広い額が出てきます。ある不動産会社は2000万円でも、ほかの不動産会社は2100万円、また別の不動産会社は2200万円ということがあります。では、どの査定が正しいかと言えばどれも間違えた査定ではありません。マンション売却時に知っておけば損のないことの一つに不動産会社がつける査定額は実際に売却できる価格とは限らないことがあります。

例えば、2200万円と査定した会社は2200万円で売れるとは思っていないかもしれません。多くの場合、実際の適正価格よりも高く査定することが多いのです。なぜなら、少しでも高く査定して売主が自社を選んでもらえればその分収益につながるからです。ただ、実際に売却する時にはその価格よりも下げて売ることになります。そうでもしないと買い手が見つからないからです。そういうわけで、査定額が高い会社を選べばいいというわけではありません。

マンション売却の価格は売りに出されている自分のマンションと同じマンションの価格を基準に決めるという人もいます。自分のマンションの中で売る人がいて、その人の物件がチラシなどに載っていたとすればその価格はきっと参考になるはずです。ただし、条件があってそのチラシに半年も1年も前から載っているとしたら買い手が全くつかないということですので、きっとその価格では高すぎるので、それ以下で売却をするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>