マンションが売れない時の対応策

不動産の取引は、多くの人にとっては年収の数年分にも相当する高額な取引で、人生の中でも経験する機会は限られています。
中でもマンション売却は、購入の時とちがって、自分で決めることが多いので、損をしないように少しでも高く売りたいと考えるのは誰でもが持つ思いです。

マンションを購入するときは価格が決まっていて、モデルルームなどで実物を確認して取引をすることができますが、マンション売却では価格をはじめとした条件を自分で決めることになります。
価格は自由に決められますが、高すぎてはなかなか買い手が決まらず、反対にあまりに早く買い手が見つかると、もっと高くても売れたのではないかと後悔してしまいます。

不動産の取引は、同じものが二つとないため、取引が成立した価格こそがその時の時価といっても過言ではありませんが、それでも少しでも高く売りたいと考えるのは当然です。
安く売りだしたら、それ以上の金額で取引できることは絶対にありませんが、価格が高い場合には、購入希望者から値下げ交渉を受けることがあります。とはいえ、相場からかけ離れた高値では、値下げ交渉自体が入ってこないので、実際に売ってもいい金額から、少し高いくらいが上限です。

日常生活で、数万円や数十万円は大金ですが、マンション売却では、30万円や50万円など、十万円単位の値下げ交渉は決して珍しいことではありません。
値下げ交渉を受けた時に、断って次の客が現れたら幸いですが、その次の購入希望者がすぐ現れるかどうかは後になってわかることです。
マンションの場合、保有している間は毎月管理費と修繕積立金の支出が累積します。

早目に売却することができれば管理費や修繕積立金の支出が終わることになるので、早期売却が結局お得になることもあります。
熟れない時には、同じ建物内に売却物件が出ていないか、出ている場合は価格の比較の格好の材料なので、面積や回数を考慮して、自分の物件が割高でないかを考慮します。
また、管理組合に許可を得て、オープンルームを開催するのも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>