土地の売却前に売主がしておくこと

midoriien

不動産売却をするということは、これまでの所有権が、購入者に移転するということです。日本では登記制度が採用されており、権利の証明は登記の記載によって行われています。つまり、ここに権利変動の記載がない限り、購入した人間は権利者である旨を第三者に対抗することができなくなります。これでは購入者は困りますので、権利者は権利変動のために必要な手続きする必要があります。その時に必要な書類は、権利事項証明書、委任状、印鑑証明書などです。もちろん、購入者が具体的に現われるまでは必要がありませんが、これらの書類を用意するには時間がかかります。そのため、予め時間に余裕をもって用意しておく必要があります。

その他に不動産売却のためにしておくべきこととして、不動産の整備をしておくべきです。例えば、家も一緒に売るのであれば傷んでいるところを補修したり、土地ならばきれいにしておく必要があります。もちろん、これをしておかなくても購入する人は現れることがありますが、やっておいた方が評価価値が上がり、結果的に高く不動産が売れることとなります。したがって、売却前に不動産を総チェックして、直せる所は直しておくべきです。

そして、これらの準備が整ったら、不動産売却を依頼する不動産会社を探しておきましょう。直接購入者が身近にいるならば依頼する必要はありませんが、いないならば購入者を探す必要があります。この時には、不動産会社と売主間で売却を仲介してもらう契約を結びます。この時に結ぶ契約は、媒介契約と呼ばれます。もし購入者が現れれば、契約を取りまとめて契約書の取り交わしを代理してくれます。そして、成約したことで一定の仲介手数料を支払います。また、媒介を依頼する前には、購入希望者を募集するために必要な事務処理にかかる費用を支払います。

以上のように、売主が売却前にしておく必要があることは、意外と多いです。そのため、前もって準備しておくべきです。

・参考ページ
https://sony-fudosan.com/
https://www.sumaistar.com/
http://www.athome.co.jp/
http://www.rebuildingtogetherabe.org/
http://www.fdk.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>